d0361902_8491010.jpg

どうしても訪れたかったカリフォルニア州オーウェンズバレーに置かれたマンザナー強制収容所 (Manzanar War Relocation Center) にある慰霊塔。

カリフォルニアに住む日本人としては、一度はここで掌を合わせておきたかった。



d0361902_8543160.jpg
d0361902_9491443.jpg

マンザナー強制収容所は、第二次世界対戦の時に作られた日系人強制収容所の一つである。
戦時中、アメリカ政府はおよそ12万人もの日系アメリカ人に対し土地や財産を没収し、差別し、人里離れた砂漠の収容所に強制的に移り住むことを命じた。
アメリカが封印してきた負の歴史として当時を知る人々の記憶の奥にあったが、改めて世界にこの問題がクローズアップされたのが、トランプ大統領が当選した頃、当時の政策顧問であったカール・ヒグビーによる発言で、その内容はイスラム教徒の入国を管理するには「第二次世界大戦中に日系人を強制収容した歴史が前例になる」ということを語った問題である。
この発言は当然ながら日系人はもちろん、世界中の人々やメディアからの反感を買ったので、記憶している方も多いかと思う。


d0361902_9335521.jpg
戦時中の収容所の写真


d0361902_9364671.jpg
d0361902_9515896.jpg
収容所の部屋から


d0361902_953315.jpg

2010年にTBS開局60周年 5夜連続特別企画で放映された橋田壽賀子さん脚本の「99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~」がここを舞台にしたドラマで、10年近く前に放映されたものだが機会があればぜひ見てもらいたい。
内容は様々なところから紹介されているので、ここであえて書かないが、戦争がいかに残虐でまともな感情を人々から奪い去っていくのかがよくわかるし、メインテーマともいえる愛の形が差別や憎しみの裏側からも伝わってくる気がした。また、逆強にもめげず、収容所内の密閉された空間でもポジティブに「コミュニティー」を形成していく日本人の力強さは痛ましいほどに感銘した。

レンタルショップにもDVDが置いてあると思うがこちらからでもまだ見られるみたいだ。



d0361902_1012045.jpg
"JAPS KEEP MOVING.THIS IS WHITE MAN NEIGHBERHOOD" 「ジャップは引っ越せ。ここは白人の区域だ」
資料館に展示されている写真より



d0361902_1021678.jpg
"NO JAPS WANTED" 「ジャップはいらない」
資料館に展示されている写真より


d0361902_1023989.jpg
マンザナーの収容所に収監された11070名の日系人の名前。

d0361902_10232268.jpg


d0361902_1957331.jpg
収監された日系人には、それぞれナンバータグがつけられていた。

d0361902_19594243.jpg

アメリカ政府は1988年、当時のロナルド・レーガン大統領によって日系人の抑留について謝罪し、「人種的な偏見、戦時中のヒステリー状態、政治的リーダーシップの失敗が動機となった」と認めた。


d0361902_20332996.jpg

当時、マンザナー強制収容所の写真を撮ったアンセル・アダムスはこう書き記したと言う。
「マンザナーに常にあるものと言えば、タール紙を貼られた粗末なバラック小屋に溜まる砂ぼこりだけだ。ただ、そこに住む数千人の人々に刻み込まれた、消えることのない印象を除けばの話だが」



d0361902_20363071.jpg

この地で亡くなった人々の魂が宿る慰霊塔の前で、ただただ掌を合わせた。
乾いたマンザナーの風に吹かれて、千羽鶴が悲しげに揺れていた。





Manzanar National Historic Site

5001 Hwy. 395,
Independence, CA 93526
+1 760-878-2194
https://www.nps.gov/manz/index.htm




使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm f2 ASPH








d0361902_6355654.jpg

日曜の朝、パサデナから車で向かったのは、シエラネバダ山脈(Sierra Nevada mountain range)東部にある町、 ローンパイン(Lone Pine)


d0361902_6361681.jpg

一見、アメリカによくある田舎町だが、昔からの西部劇ファンがこよなく愛する町だと聞いた。


d0361902_6413136.jpg

そのわけはかつて西部劇が映画の主流だった時代に、この町の外れにあるアラバマ・ヒルズ(Alabama Hi)で約150本も撮影が行われたことによるそうな。


d0361902_654426.jpg
d0361902_657876.jpg

この町はデスバレーの西の入り口でもあり、リーバイニングからヨセミテの東ゲートにも繋がっていて何度も通っているのだが、車を降りて町を散策したのは今回が初めてだ。


d0361902_7111184.jpg

ウェスタン風のレストランから


d0361902_7115149.jpg

こんなまっ昼間から営業しているバーも嫌いじゃないね〜☆





使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)








d0361902_1311524.jpg

光束夜とも形容できそうなグリフィスパーク(Griffith Park)の天文台からの夜景。



d0361902_13145295.jpg
d0361902_13141419.jpg

オレンジ色に輝く灯が、碁盤の目に沿って地平線まで続いていく。
まるで広大な光の海のようだ。



d0361902_13171646.jpg

d0361902_1317548.jpg

グリフィス天文台(Griffith Observatory)は、ジェームス・ディーン主演の映画『理由なき反抗』を始め、数々のハリウッド映画のロケ地になった場所で、近年では2017年(第89回)のアカデミー賞で史上最多6部門を受賞した映画『LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)』が記憶に新しい。


d0361902_13152090.jpg

Griffith Observatory

2800 E Observatory Rd
Los Angeles, CA 90027
(213) 473-0800
http://www.griffithobservatory.org/






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)








d0361902_3403066.jpg

キャピトル・レコード(Capitol Records)

言わずと知れた西海岸で最初のメジャー・レーベル。
ブルーノートの親会社でもあるこのレーベルのレコードを何枚買ったことか。
重ねたレコード盤を模したこの建築はやはりランドマークだよねー



d0361902_3465446.jpg

そういえば、ビートルズのアメリカ盤のレーベルもここだったな。


d0361902_3592021.jpg



d0361902_404583.jpg

かの有名なハリウッドサインが見える交差点。


d0361902_433749.jpg

日頃はサンセット通りを車で素通りしているのだが、なんとなく夕暮れから、ぶらぶら散歩してみる気になった〜☆


d0361902_462789.jpg
d0361902_494571.jpg
d0361902_4101398.jpg

ハリウッド、夜の街の風景


d0361902_4114945.jpg

"映画の都"って言うけど、今も昔も華やかな街だな。
手形で有名なチャイニーズ・シアターやユニバーサル・スタジオは30年前に行ったったきりで今回は行ってないけどね。



d0361902_4135556.jpg
d0361902_4153473.jpg

インパクトある看板があちらこちらに。


d0361902_4253653.jpg

アメーバー・ミュージックの壁に描かれたグラフィティー。
バンクシー作と噂されるが、本物ならどっかの都知事のように店は大喜びだよね〜






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)








ほとんど霧雨のサンフランシスコだったけど、パサデナに帰る日だけ晴天だったんだよねー

市街地や繁華街は車で通っただけなんで、ちゃんとした写真は撮ってないんだけど、車の中から途中iPhoneで撮った写真が2枚あったので、それだけアップしておきます。


d0361902_4595971.jpg

d0361902_50164.jpg

これが本当に最後のサンフランシスコ旅行記事でしたー