LA 伝説の寿司 : Sushi Nozawa



d0361902_13391842.jpg
Sushi Nozawa

かつて、小さいながら、正統派の日本の寿司を作り続けていた店があったことを、LAに住んでいる寿司好きの人なら誰でも知っているという。

店主であった Kazunori Nozawa氏は、もともと愛知県出身で、若いときから名のある親方に寿司のなんたるかを徹底的に叩き込まれた生粋の職人だったそうな。
どういう経緯でロスで店を開くことになったかは知らないが、そこで共される寿司は日本のトラディショナルな寿司で、その職人としての自負と責任からかカリフォルニア・ロールなどは以ての外、注文と同時に「get out!」といわれて追い出された人が後を断たなかったとも聞く。
 
"LA 伝説の寿司" というタイトルはいささか大げさではあるが、もともと主人の方針で店は予約をいっさいとらず、あのスピルバーグ監督も断られ入店できなかったという話しは有名である。
当時、ビバリーヒルズのセレブやハリウッド・スターたちも一般人と同じ行列に並んで順番を待っていたというから驚きだ。



d0361902_13394036.jpg
SUGARFISH by sushi nozawa

1987年に惜しまれつつ開店したStudio cityのSushi Nozawa。
そのNozawaがプロデュースするSugar FISHは、現在、ロスに数多く店舗があり、パサデナ店は、サウス・レイク・アベニューの通りの奥にある。

扉を開けると寿司酢のいい匂いが漂ってきた。
メニューは、Sushi Nozawa時代からの伝統で、「Trust me」。
「俺を信じろ」 という意味だが、まぁ、おまかせってことかな。

青魚や貝よりも、マグロ、トロ、サーモンなどアメリカ人の好きな寿司が中心でシャリも小さく手毬寿司サイズ。
伝統的な寿司屋という感覚でいくと、ちょっと違うような気がするのだが、先代の意向から年代とともに徐々に違う方向に流れていってしまうのは、よくある話だ。
まぁ、そんなとこなのかもしれない。
あまり硬く考えなければ、寿司は美味かったけどね〜☆




d0361902_1340236.jpg

こちらのブログに"Sushi Nozawa"について詳しく書かれているので、今回は参考にさせていただいた。
興味のある方はぜひご一読を。




SUGARFISH Pasadena

146 S. Lake Ave #108
Pasadena, CA 91101
Phone: 626 298-8386
https://sugarfishsushi.com/our-locations/pasadena/



使用カメラ
Sony RX100 V





by TERAN3_3 | 2018-04-15 02:55 | restaurant | Trackback
トラックバックURL : https://teran33.exblog.jp/tb/26664288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。