<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧



Pasadena Architectural Surfaces Part1

DOORWAYS

d0361902_10184172.jpg

d0361902_10185682.jpg

d0361902_10191059.jpg

d0361902_10192337.jpg

d0361902_10194258.jpg

d0361902_10195478.jpg

d0361902_1020768.jpg

d0361902_10202770.jpg







d0361902_1129466.jpg

ハンティントン記念病院の向かい、パサデナのアンティーク地区のすぐそばにある "Vons" スーパーマーケット。

そのショッピングモールの角に、小さなイタリアン・レストランがある。


d0361902_11292996.jpg

その名も、Luciano's Ristorante : ルチアーノのレストラン

安くて気取りがないし、とにかく家から近い。
文庫本を片手にまったりと食事ができる、ルーズで愛すべき大衆食堂だ。
まぁ、平日の買物の帰りに寄るのが多いのだが、日曜の昼下がりに散歩がてら来てしまう時もある。

メニューはいろいろあって、その日の気分で注文するのだが、何と言ってもミート(ボール)系が売りの店なので、今回はそれらを中心にピックアップ。



d0361902_11294838.jpg
Spaghetti with meat sauce & Garlic bread


定番の”スパゲティー ミートソース”に、何故かガーリックトーストが突き刺さっている!?一品。


d0361902_1130026.jpg
Meatball sandwich


これはおススメ〜☆
この店のオリジナル” ミートボールサンドイッチ”
ボリューム満点。



d0361902_11302398.jpg
Pizzas 12”(M) Crispy pepperoni with meatballs pizza


ペパロニとミートボールのトッピングピザ。
一番小さい12インチのピザなのだが、食べきれなくて、持ち帰り。



d0361902_11303764.jpg

正直言って、美味いかというと、そこそこである。
もっと洗練されて、美味いイタリアン・レストランはパサデナにもいろいろある。
しかし、どこかホッとする味で、ついつい通ってしまうのだ。
ほんと大衆食堂って万国共通でいいね〜☆




Luciano's Ristorante

117 W California Blvd
Pasadena, CA 91105
(626) 440-0637







帰国した際に食べたかったもの...
そういえば、”しゃぶしゃぶ”かな。

...まあ〜でも夏だもんね。
冬に帰国出来れば食べたいなーなんて思っていたら、なんだか、この暑い夏に無性に食べたくなってしまった。



d0361902_10562449.jpg

というわけで、行ってきました。

以前、当ブログでもアップしたパサデナの名店、”大沢”



d0361902_105653100.jpg

ランチタイムを少々ずらして割と空いている時間帯だと、”しゃぶしゃぶ”席のカウンターに座れる。
アメリカ人は日本人みたいに一つの鍋をみんなでつつくような文化がないため、個人専用の鍋バーナーが必要になり、”しゃぶしゃぶ”はこのような専用カウンター席オンリーとなっている。

鍋の楽しみ方は、だいぶ違うようだね。



d0361902_1118185.jpg

出汁は昆布、鶏、スパイシー味噌から選べるので、あえて、パサデナで人気のスパイシー味噌をチョイス。つけダレはポン酢とごまダレの2種類。締めはうどんのセットで。

これが一人前である。



d0361902_11101312.jpg

この店一押しの佐賀牛。


d0361902_10573235.jpg

さっと湯がいて!


d0361902_10574355.jpg

濃厚なごまダレにつけて、熱々のご飯と一緒に食べる。

冷しゃぶではなく、暑い夏の暑い”しゃぶしゃぶ”もまた、乙なもんだね。

うん、大満足〜☆



大沢

77 North Raymond Avenue
Pasadena, California 91103
Phone: (626) 683-1150
https://www.theosawa.com/







d0361902_12254932.jpg

豚丼といえば発祥は、北海道十勝地方の帯広。
 
その元祖ともいえる豚丼は「元祖豚丼のぱんちょう」である。
昭和8(1933)年創業の十勝の豚丼元祖の店として知られている超有名店で、ぜひ一度は行きたい店なのだが、帯広の本店のみの営業なので、当然、札幌に支店がなく今回は行けない。
そこで同じく帯広に本店があり、”帯広で行ってほしいおすすめの豚丼の名店ランキング”でも堂々3位にランキングされている『いっぴん』の札幌ステラプレイス店に足を運んだ。



d0361902_12262630.jpg

濃い口のタレに浸けこんだ豚肉を炭火で、ジュージューと焼きあげていく〜☆


d0361902_1317966.jpg

香ばしくて、しっかりとした味の炭火焼きの肉。
炊きたての白いご飯はもちろん、白髪ネギとの相性もいいし本当に美味いね!

この店に来るのは今年の2月以来だ。
パサデナに戻る前にぜひ行きたかった店なんだよね。
 
道内に6店舗あるが。本州には進出していない模様。
北海道に行く機会がある人には、ぜひおススメの店である。





■十勝豚丼いっぴん ステラプレイス店

〒060-0035 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 6階
TEL/011-209-5298
http://www.butadon-ippin.com/shops/06_stellaplace.html







ニッカの蒸溜場を後にして、タクシーで余市内を移動。


d0361902_8294713.jpg
d0361902_8295998.jpg

積丹(しゃこたん)東海岸。

海岸線には奇岩が多くあり、この「ローソク岩」などは夕暮れに方向とタイミングがあえば、蝋燭に火が灯っているように見えるとか。


d0361902_9322413.jpg
画像引用元 ”こすもちっくなお部屋”

こんな風に見えるそうです〜☆


d0361902_8594328.jpg
d0361902_97370.jpg
白岩町の、今にも倒れそうなシュールな”えびす岩”と恰幅のいい”大黒岩”。
地元では夫婦岩とも呼ばれているらしい。



d0361902_9275293.jpg

画像引用元 ”ノース&ウォーム”


写真の撮り方によっては、まるでアバターのフローティング・マウンテンか、ルネ・マグリットの絵みたいだよね。



d0361902_9504943.jpg
白岩町の町名は白い軽石凝灰岩に由来する。


そのまま、タクシーで余市駅に戻る途中に、”旧余市福原漁場”がある。
d0361902_107373.jpg
d0361902_10122279.jpg
d0361902_10125265.jpg

旧余市福原漁場は漁場と呼ばれる漁師の施設の一部を、文化庁・道の補助によって修理・復元したもので、往事のニシン漁が栄えた時代の余市の歴史を振り返る事ができる場所となっている。

NHKの朝の人気ドラマ「マッサン」のニシン御殿のモデルにもなった場所でもある。



d0361902_10243850.jpg

この後、余市から帰りの空港に近い札幌まで電車に揺られて、ぶらり、旅の余韻にひたっていた。

腹ぺこで向かった先の札幌での食事処は、十勝の...あれである。


あれ !


...次回につづくのだ〜