<   2018年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧



Petrified Forest National Park (化石の森国立公園)


d0361902_13172114.jpg
Petrified wood



使用カメラ : ZEISS IKON Super Six 1( Super Ikonta530/16 ) 1935 年製
使用レンズ : TESSAR 80mm F2.8
使用フィルム : Kodak T-MAX100 120








d0361902_13295697.jpg

Crystal Forest(水晶の森)


d0361902_1334177.jpg
d0361902_13281225.jpg

今回の旅の目的はずばりここである。
Petrified Forest (化石の森)の名はまさに、この石化した木 "Petrified wood"(珪化木)からきている。



d0361902_14192154.jpg

この荒涼とした大地は、およそ2億2千5百万年前は熱帯に位置し、乾季と雨季があった。
多くの川が横切り土砂が堆積する広大な平野だった。
川の上流には、高い松林が川岸にまで広がっていた。
洪水の季節になると倒れた高い木は、増水した川の流れによって氾濫原に押し流され、泥や砂、火山灰に覆われた。
これらの堆積物が木の酸化を防ぎ、腐食を遅らせた。
徐々に珪土(シリカ)を含む地下水が丸太に染み込み、木の組織を包み込んだ。
果てしない年月をかけて、この過程はゆっくりと進み、やがて珪土は水晶となり、丸太は石化した木となっていった。
その後、風と雨が硬い堆積物の層を浸食し、再び長い時をかけて、"Petrified wood"(珪化木) を掘り起こしたのだ。


"Petrified Forest - National Park Service"より抜粋。


d0361902_13471353.jpg
d0361902_14332593.jpg



ここでは、無数の石化 (クォーツ化) した木を自然のままの状態で見たり触ったりすることができる。
d0361902_14352033.jpg

d0361902_14391839.jpg

表皮は木のように見えるが、硬い石である。
質量も同様に変化していて、同じ大きさの岩の重さを想像してもらえばわかるかと思う。



d0361902_1583319.jpg

d0361902_14394693.jpg

人為的に切ったように見えるが、これは自然の圧力によりカットされたもので、ある程度、等間隔にきれいに割れるのが、クォーツの特性らしい。



Rainbow Forest (虹の森)

d0361902_15374564.jpg


この公園で一番南側にあたるGiant Logs Loop(ジャイアントログス・トレイル)はこのエリアの中にある。


d0361902_15395259.jpg



そして、ここには公園で一番大きな"Petrified wood"(珪化木)がある。
d0361902_1545046.jpg

Old Faithful(オールド・フェイスフル)

直径は9 1/2フィート(2.89メートル)で長さは35フィート(10.67メートル)を超える。

この後、Long Logs Loop(ロングログス・トレイル)から入って、"Petrified wood"(珪化木)だけで作られたインディアンの家、Agate House(アゲート・ハウス)を見たかったのだが、閉園時間に差し迫っていたので、残念ながら断念。
次回のお楽しみとすることにした。




d0361902_1555957.jpg

あれ...野ウサギくん、いつの間に〜☆





Petrified Forest National Park

Mailing Address:
1 Park Road, PO Box 2217
Petrified Forest, AZ 86028

Phone:
(928) 524-6228

https://www.nps.gov/pefo/index.htm








Petrified Forest National Park (化石の森国立公園)

Blue Mesa (ブルーメサ)



d0361902_5275223.jpg

d0361902_5301735.jpg

d0361902_5304127.jpg

d0361902_531711.jpg

d0361902_5312915.jpg




使用カメラ : ZEISS IKON Super Six 1( Super Ikonta530/16 ) 1935 年製
使用レンズ : TESSAR 80mm F2.8
使用フィルム : FUJIFILM PRO160NS 120








d0361902_3595388.jpg

インディアンの幌テント住居のような山々、The Teepees (ザ・ティピーズ)をぬけて、次のポイントへと向かう。


d0361902_3303855.jpg

Blue Mesa (ブルーメサ)


d0361902_331367.jpg

この一帯は、紫みをおびたブルーグレイの石灰岩による堆積層が幾重にも重なり、地球上と思えないような不思議な世界を作り出している。


d0361902_3314058.jpg

d0361902_3321533.jpg

まるでどこか別の惑星に来たみたいな錯覚を覚える〜☆


d0361902_3323583.jpg

おっ、Petrified wood (珪化木) 発見〜!




Petrified Forest National Park

Mailing Address:
1 Park Road, PO Box 2217
Petrified Forest, AZ 86028

Phone:
(928) 524-6228

https://www.nps.gov/pefo/index.htm







d0361902_1464631.jpg

Puerco Pueblo(プエルコプエブロ)


d0361902_1473345.jpg

西暦1100年~1400年にパーコー川に沿って生活し、農業や狩猟を行っていた先住民(プエブロ・インディアン)の住居遺跡。


d0361902_149419.jpg

そして、岩の黒くなっている部分などに削ったようにして描きあげたものは、ペトログリフと呼ばれる岩絵。


d0361902_1492720.jpg

砂漠の先住民が残した、いにしえの壁画だ。



d0361902_1410434.jpg

さらにそこから1マイルほど行った場所に、Newspaper Rock (ニュースペーパー・ロック) がある。



d0361902_1410595.jpg

古来、インディアンには文字が無く、部族の歴史や神話など、すべて 口承により子孫へと受け継がれていった。
唯一、絵や記号を伝達のツールとしたものがペトログリフやピクトグラフ*であり、一つの岩にそれがびっしりと新聞紙のように書き込まれたものが Newspaper Rock (ニュースペーパー・ロック)である。


*ペトログリフが岩を削って刻んでいったものに対して、ピクトグラフは、顔料を使って描いたものを指す。


d0361902_14121232.jpg

ここでは、小さなエリア内の石壁に650以上のペトログリフが描かれているという。

人や鳥、動物、一族のシンボル、精霊を意味するもの...何人の人間がどんな意図で記していったものなのか、じつにミステリアスで興味深い。




d0361902_14131399.jpg

The Teepees (ザ・ティピーズ)


d0361902_14133362.jpg

あっという間に午後になってしまった。

次のポイント、Blue Mesa (ブルーメサ) へと向かうことにした。




Petrified Forest National Park

Mailing Address:
1 Park Road, PO Box 2217
Petrified Forest, AZ 86028

Phone:
(928) 524-6228

https://www.nps.gov/pefo/index.htm








Petrified Forest National Park (化石の森国立公園)


d0361902_1003655.jpg

Painted Desert(ペインテッド砂漠)


d0361902_1015319.jpg





使用カメラ : ZEISS IKON Super Six 1( Super Ikonta530/16 ) 1935 年製
使用レンズ : TESSAR 80mm F2.8
使用フィルム : FUJIFILM PRO160NS 120







The Grand Circle (グランドサークル)と呼ばれる、ユタ州とアリゾナ州の州境にあるパウエル湖という巨大な人造湖を中心に、半径230km の円を描いた時、その円(サークル)の中に含まれるエリアには、アメリカを代表する10の国立公園、16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園がある。

その中でも今回訪れたPetrified Forest National Park(化石の森国立公園)は、わりと日本で知られていないというか、アメリカ人でも知らない人が多い、Petrified wood (珪化木)をメインとした225万年前の木の化石がごろごろと転がっている、通好みの国立公園だ。
Petrified wood (珪化木)については後日述べるとして、この公園のもう一つのメインが、色鮮やかに堆積した砂漠である。




"Painted Desert"


d0361902_10575466.jpg

d0361902_1112133.jpg

公園は南北に2つのエントランスがあり、今回訪れたのは、北口のエントランスであり、ビジターセンターがすぐ近くにある。
そこから進むとまず最初にPainted Desert(ペインテッド砂漠)にたどり着く。



d0361902_11263614.jpg

地平線の果てまで続く赤い大地。


d0361902_11303278.jpg
d0361902_113143100.jpg

この砂漠の縞模様の色を作りだしているのは、三畳紀のチンル層 で、古代の気候などの様相が見てとれる。(おっと、私は地質学のことは、わかりませんがね〜★)


d0361902_114676.jpg
d0361902_11462362.jpg

鮮やかなレッドから、深いラベンダー、グレー、ホワイト、オレンジ、ピンクなど、じつに色彩豊かである。


d0361902_1153260.jpg

The Painted Desert Inn (ペインテッド・デザート・イン)

1924年にHerbert Lore(ハーバート・ロア)によって建築されたPainted Desert(ペインテッド砂漠)を望むホテルで、その後、再築、改修を重ね、様々な歴史を経て1987 年には 合衆国指定のヒストリック・ランドマーク(歴史的建造物) に指定され、現在は、美術館兼書店になっている。

当初は、Petrified wood (珪化木)で作られていたそうだが、1936年にプエブロ・サンタフェ・スタイルの建築へと改装された。



d0361902_12461669.jpg

第二次世界大戦が始まり閉店したが、戦後すぐに再開した。

1947年、Fred Harvey Company(フレッドハーベイ社 )に運営が移り、1948年に同社の建築家である Mary Jane Colter(メアリー・ジェーン・コルター)と、ホピ族のFred Kabotie(フレッド・カボティ)によって内装等が再設計された。



d0361902_1341160.jpg

ホピ族のアーテイスト 、Fred Kabotie(フレッド・カボティ)による ホピの伝統の絵が、ダイニングの壁に今も残されている。


d0361902_13142691.jpg




Painted Desert Inn

Mailing Address:
1 Park Road, #2217
Petrified Forest, AZ 86028

Phone:
(928) 524-6228

https://www.nps.gov/pefo/learn/historyculture/pdi.htm








Petrified Forest National Park (化石の森国立公園)


d0361902_1244591.jpg

The Teepees (ザ・ティピーズ)


d0361902_1157611.jpg

アリゾナの砂漠を放浪中。


d0361902_11585973.jpg

かつて、この地はルート66が通っていた。

サビサビで放置されている車が墓標のように見えた。






使用カメラ : ZEISS IKON Super Six 1( Super Ikonta530/16 ) 1935 年製
使用レンズ : TESSAR 80mm F2.8
使用フィルム : FUJIFILM PRO160NS 120







d0361902_1112510.jpg
Route 66 〜Newberry Springs (ニューベリー・スプリングズ)にて。

d0361902_11125335.jpg
看板の上、切れちゃってるし、ピン甘いけど、好きな一枚〜☆


d0361902_1124695.jpg
『バグダッド・カフェ』

d0361902_11252132.jpg
d0361902_11262493.jpg
"砂漠と廃墟"



使用カメラ : ZEISS IKON Super Six 1( Super Ikonta530/16 ) 1935 年製
使用レンズ : TESSAR 80mm F2.8
使用フィルム : Kodak T-MAX100 120







Needles(ニードルズ)のレストランで、美味しいアメリカの家庭料理を提供しているレストランがあるらしい。


d0361902_9512473.jpg

Wagon Wheel Restaurant (ワゴンホイール・レストラン)



d0361902_959781.jpg

だいぶ昼過ぎで夕方に近い時間だが、店内は割とお客さんで賑わっている。



d0361902_1015696.jpg

d0361902_10425628.jpg

小人のオーバーオールと巨人のジーンズ?



d0361902_10445942.jpg

Pot Roast Melt
Homemade slow-roasted pot roast with grilled onions and Jack cheese on thick grilled Texas Toast. Served with a side of horseradish. A favorite!


店のおばちゃんにオススメを聞いたところ、とにかく一押しはコレとのことで、オーダーしたのが、Pot Roast Melt 別名プルドポーク・サンドイッチ。

プルドポークとは、南部スタイルBBQの代表的なメニューの一つで、時間をかけてじっくりと煮込んで柔らかくなった豚肉を糸のように細かくほぐしたもので、これに自慢のソースをかけてサンドイッチにする。

さすがにオススメの一品だけあって美味かった!
ボリュームは相当あったが、まぁ、腹もへってたからね〜(´Δ`*)




d0361902_10452248.jpg



店を出る頃には、日がだいぶ傾きかけていた。
名残惜しいが、ニードルズを後にしてパサデナに向けて車を走らせることにした。



d0361902_1046158.jpg

週末に行く”ルート66 ”ドライブ〜カリフォルニア編でした。


〜おわり〜





Wagon Wheel Restaurant

2420 Needles Hwy
Needles, CA 92363
(760) 326-4305
http://www.wagonwheelneedles.com/