タグ:写真 ( 193 ) タグの人気記事




ほとんど霧雨のサンフランシスコだったけど、パサデナに帰る日だけ晴天だったんだよねー

市街地や繁華街は車で通っただけなんで、ちゃんとした写真は撮ってないんだけど、車の中から途中iPhoneで撮った写真が2枚あったので、それだけアップしておきます。


d0361902_4595971.jpg

d0361902_50164.jpg

これが本当に最後のサンフランシスコ旅行記事でしたー







d0361902_0582259.jpg

どんどん雨が強くなってきたが、この日は特別な日だったので、ミッションに足を運ぶ人が絶えない。


d0361902_0592374.jpg
d0361902_141745.jpg

クリスマスイブのミサに参加しようと教会の中は、敬虔な信者の方々でいっぱいだ。


d0361902_163241.jpg

地元の人々にとって神聖な日なので内部の写真撮影はここまでにしよう。


d0361902_1115190.jpg

教会の外には四季によって移り変わる美しく大きな庭園があり、傘をさしながらぐるっと廻ってみた。


d0361902_1191248.jpg
d0361902_1345291.jpg

カーメル ミッション(San Carlos Borromeo de Carmelo Mission)は1770年に建造されたもので、南北に21あるカリフォルニアのミッション(キリスト教の伝道の拠点として使われた教会)の中でもとりわけ古いそうだ。
そしてここは、カリフォルニアにキリスト教の信仰の礎を築いた「カリフォルニアの父」ことジュニペロ・セラ神父(Padre Junipero Serra)が自らの骨を埋める場所として選んだ地であり、とりわけ特別な意味合いがあるという。



d0361902_1172881.jpg

壁の一つ一つに歴史が刻まれている。


d0361902_136341.jpg
d0361902_201432.jpg
d0361902_1581388.jpg

元々このミッションは、スペインの総督府があったモントレーに建てられていたそうだが、1771年にこの場所へ移設されたという。


d0361902_2162081.jpg
d0361902_2163151.jpg
d0361902_2181195.jpg



今回のミサを通じて観光地ではなく、永きにわたってカーメルの人々の生活に密着している大切な場所として、今も存在しているということを強く感じた次第。

d0361902_2452575.jpg



San Carlos Borromeo de Carmelo Mission

3080 Rio Rd, Carmel,
CA 93923-9144
831-624-1271
https://carmelmission.org/





※ 今回でやっとクリスマス旅行の記事が終了となります。
もうすでに1月の後半になってしまい、不細工にも季節がすっかりずれてしまいましたが、ご愛嬌ということでお許くださいませませ <(_ _)><(_ _)><(_ _)>





使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm f2 ASPH









カーメル・バイ・ザ・シー (Carmel-by-the-Sea)


d0361902_248152.jpg

モントレーの隣町でモントレー半島の南に位置する小さな町は略してカーメルと呼ばれる。

サンフランシスコに行く前に「カーメルは本当にかわいい町だから行った方がいい」と知人の女性に言われた。
その時、”かわいい” とはどういう意味なのかよくわからなかったのだが、到着してみて納得〜♡



d0361902_2452866.jpg

なるほど、メルヘンチックな町だよねー


d0361902_305426.jpg
d0361902_313259.jpg

童話の挿絵みたいな家や店舗が続くのだが、町自体は至って小さく、メインストリートを歩き回っても30分とかからない。


d0361902_38549.jpg
d0361902_39683.jpg
d0361902_395561.jpg

天候はあいにくの雨で、クリスマスイブだったせいもあるけど、残念ながらほとんどの店がクローズしていた。


d0361902_3121830.jpg

通りには信号がなくて、4方向の十字路では、ストップサインの前で必ず先に止まった車を記憶していて、順番に発信しなければならない。


d0361902_3125518.jpg

また、郵便配達がなかったり、すでに形骸化しているらしいが、ハイヒールの着用を禁じる法令があったりと一風変わっているところもある。


d0361902_323491.jpg

さらに愛犬家とペットに優しい町でもあり、ほとんどのホテル、レストラン、商業施設にワンコを連れて利用することができるそうだ。
うん、
いいね!


d0361902_3352469.jpg
d0361902_336434.jpg

かつて、クリント・イーストウッドがカーメルの市長をしていた時代があるそうだが、ここの歴代の市長は俳優、詩人、作家などが多いらしい。

長きに渡って芸術家や詩人を惹きつけてきた町で、カーメルビレッジには約100カ所のアートギャラリーがあるとのことだ。



d0361902_343070.jpg
d0361902_3502448.jpg

雨も強くなってきたのだがイブだったので、この後、有名なカーメル・ミッションへと向かうのだった。




使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm f2 ASPH








水族館やキャナリー・ロウから海岸線を北側に向かっていくと、オールド・フィッシャーマンズ・ワーフ ( Old Fisherman’s Wharf)にたどり着く。


d0361902_242275.jpg

有名なサンフランシスコの”フィッシャーマンズ・ワーフ”に比べると、はるかにサイズが小さくて、こじんまりとした感じのモントレーの港町だが、活気があるので寂れた感じはしない。


d0361902_493196.jpg

むしろ観光地化され過ぎているサンフランシスコの”フィッシャーマンズワーフ”に比べて、こちらの方が落ちついていて好きだという人が結構いるようだ。
かく言う私もその一人なのだろう。



d0361902_328778.jpg

ここでの名物は何と言ってもクラムチャウダーで、どの店もそれぞれの味があり、試食を出しているので、食べ比べをすることができる。


d0361902_3293110.jpg



オールド・フィッシャーマンズ・グロトウ (Old Fisherman’s Grotto)
d0361902_2592746.jpg

ガイドブックも参考にしながら、ランチはこのレストランで取ることにした。


d0361902_3451834.jpg
d0361902_3453372.jpg

1950年代からある家族経営の老舗レストランで、現在はモントレーで最も評判が高い店の一つ。
「ウェストコースト・チャウダーコンクール」優勝歴をはじめ、例年、モントレー内のBESTクラムチャウダー、BESTカラマリに選出されている。



d0361902_3533475.jpg

海沿いの席は予約でいっぱい。
通り沿いの窓際の席を案内してもらった。



d0361902_3562591.jpg

オーダーしてから、しばらくしてやって来たのは、極上のクラムチャウダー

まろやかな口あたりだが、まったりとして濃厚。
これは病みつきになりそうだ。
数々の受賞歴も納得の
さすがの味である。


d0361902_4281019.jpg
Fisherman's Wharf Platter
1/2 Dungeness Crab, Grilled Shrimp, Grilled Scallop and Crab Cake. Served with sweet onion risotto and sauteed organic vegetables.

メインはオススメのシーフード・プレート。
こちらの方はまぁまぁの味かな。
味付けが少々甘すぎる気がする。
クラムチャウダーが美味し過ぎたせいもあるのかもしれない。



d0361902_4364226.jpg

Old Fisherman’s Grotto

39 Fishermans Wharf,
Monterey, CA 93940-2432
831-375-4604
http://www.oldfishermansgrotto.com/index.htm




d0361902_1729036.jpg

フィッシャーマンズワーフは、ホエール・ウォッチング・ツアーの拠点にもなっていて、時間帯が合えばぜひ行ってみたかった。


d0361902_442159.jpg
d0361902_4432923.jpg

この日はあいにくの雨だったが、天候が良ければ最高のクジラ写真が撮れるかもしれない。

まぁ、それはまたの楽しみにして、近隣の町、カーメルへ寄ってみることにした。



d0361902_4492184.jpg





使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm f2 ASPH








d0361902_1130335.jpg

モントレーといえば、1960年代に数々の伝説を残したモントレー・ポップ・フェスティバル。
それも昔々のこと。
今やモントレーといえば。。。



d0361902_1132449.jpg

全長6mのジャイアントケルプ(巨大コンブ)の森が広がる巨大水槽から始まるモントレーベイ水族館(Monterey Bay Aquarium)

建築は1900年代初頭のイワシの缶詰工場がベースになっている。



d0361902_11421329.jpg

550種以上の動植物を3万5,000以上展示していて、その多くは、カリフォルニア州固有の生物だそうだ。


d0361902_11465184.jpg
砂に擬態中のflatfishくん。
左ヒラメの右カレイっていうから、カレイ君かな?



d0361902_1155553.jpg

色鮮やかなイソギンチャクや珊瑚の水槽。

d0361902_11562797.jpg



そして、癒し度満点のジェリーフィッシュのコーナー


d0361902_126452.jpg
d0361902_127278.jpg

ミズクラゲや電気クラゲなど色々な種類のジェリーフィッシュがいて、それだけ見に来ても楽しめるかも。


d0361902_1211454.jpg
d0361902_1274155.jpg
d0361902_1284664.jpg

それにしてもクラゲの動きって見てて飽きないよねー


d0361902_12215794.jpg

とにかく館内は広くて、エリアごとにテーマがあって見応え充分!!
(写真は極々ほんの一部です)



d0361902_12352446.jpg

時間のない方は見たいものを事前に決めといてから行った方がいいかもしれない。


d0361902_12404764.jpg

世界的に有名な海(自然)と一体型の水族館。


d0361902_12412100.jpg




MONTEREY BAY AQUARIUM

886 Cannery Row
Monterey, CA 93940
(831)648-4888
https://www.montereybayaquarium.org/






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)








d0361902_1055749.jpg

モントレーにある海岸沿いの通りは、かつてはイワシの缶詰工場が並んでいたが現在は閉鎖している。


d0361902_108439.jpg
d0361902_10551987.jpg

キャナリー・ロウ(缶詰横丁)と言う名前はそこから由来しているそうだ。
元々はあだ名であったが、現在は正式名称になっている。



d0361902_1016712.jpg
d0361902_10162242.jpg

昔ながらの小さな町は、どこかノスタルジックで落ち着くなぁー


d0361902_10184511.jpg

The spanish community
d0361902_10211713.jpg

キャナリー・ロウ(Cannery Row)


765 Wave St
Monterey, CA 93940
(831) 649-6690
https://canneryrow.com/






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)








車でサンフランシスコから約2時間走り、郊外へと足を運んだ。


d0361902_14235381.jpg

d0361902_14242963.jpg

静かな港町の風景。


d0361902_14244625.jpg

かつては、伝説的なロック・フェスティバルが開かれた場所。


d0361902_1425428.jpg

d0361902_14252399.jpg
「キャナリー・ロウ Cannery Row」

ジョン・スタインベックの小説『缶詰横丁』の舞台。


d0361902_14522114.jpg
d0361902_14523378.jpg

モントレーに到着したのはクリスマス・イブの正午前だった。





使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
SIGNA 135-400mm F4.5-5.6 APO DG








コクェタ (Coqueta)


d0361902_2425496.jpg

フィッシャーマンズ・ワーフで買食いせずに我慢したのは、この日予約してあったスパニッシュ・レストラン、コクェタでのディナーを楽しみにしていたからだ。
思えば、アメリカに来て以来、本当に美味しいスペイン料理は食べていなかったと思う。



d0361902_2514825.jpg

この店はフィナンシャル・エンバーカデロ地区にある、ベイエリアのピア5に位置していて、目の前が海である。

オーナーシェフのマイケル・チャレロ(Michael Chiarello)氏は、アメリカ版料理の鉄人、アイアンシェフをはじめとしたテレビ番組の常連で、ナパバレーにある超有名イタリアン・レストラン、ボッテガ(Bottega)の経営者でもある。
その彼が2013年に新境地としてオープンさせたバスクタイプのスペイン料理店がこの店だ。

サンフランシスコNo.1と噂の高いパエリアを今日は食べたかったのだ。



d0361902_3155827.jpg

予約時間の19時に到着してカウンター席を案内してもらい、最初にシェリー酒で一杯。


d0361902_323302.jpg

タパスとして、前菜はピンチョス(Pintxos )を5種類。

左後ろが店で一押しのウズラの卵とハモンセラーノの相性が抜群のピンチョス。
左前がほうれん草のトルティーリャ、レーズン、パインナッツのピンチョス。
中央が自家製アンチョビとオリーブ、パプリカ、オニオンのピンチョス。
右後ろがチョリソーとローストアーティチョークのピンチョス。
右前がハモンセラーノで巻いたケソ・マンチェゴ(ラ・マンチャのチーズ)にアプリコット・シェリージャムをかけたピンチョス。

どれも美味しいのだが、私的にはほうれん草のトルティーリャのピンチョスが一押しの味☆



d0361902_11551615.jpg

ハモンセラーノ(Jamon Serrano )

言わずと知れた世界3大生ハム(プロシュート・ディ・パルマ、ハモン・セラーノ、金華ハム)のひとつ。
ついついワインが進んでしまう、癖になる味わい。
旨味の奥深さと言う形容がじつにぴったりくる。
美味しくないわけがない。



d0361902_12102153.jpg

赤ワインを飲みながら、タパスをつまむ、ゆっくりした時間の流れは至福の時である。


d0361902_12183048.jpg


そして、注文してから待つこと30分。
やってきましたぜ、お待ちかねのパエリア〜♡



d0361902_12233462.jpg
d0361902_12554259.jpg

具が多いな〜と思ったのが第一印象で、有頭エビを筆頭にあさりなどの魚貝類中心にチョリソー、アスパラ、根菜などがたっぷりと入っている。
ライスの色が黄色くないので、一見した感じではケイジャン料理のジャンバラヤに似ている。
しかし、スプーンで味を確かめるように食べていくと極上のパエリアの一皿なのだ。

私は、美味しいパエリアが食べたくて、スペインのバレンシアまで行ったことがあるのだが、その深い味わいはその時のそれとよく似ている。
炊き込む時の魚介のエキスを米がしっかり吸収していて、とにかく旨味が強い。
香ばしいお焦げのパリパリ感も絶妙なんだよねー
うん、美味い。



d0361902_1403280.jpg

締めのカフェ・コン・レチェ(Café con leche)


さて、じゅうぶん満足したことだし、もう少し街を歩きますかなー



d0361902_14124153.jpg

Coqueta

The Embarcadero, Pier 5,
San Francisco, CA
(415)704-8866
http://coquetasf.com/






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm f2 ASPH








d0361902_4175826.jpg

フェリーに揺られてゴールデンゲート・ブリッジをくぐり抜けると、やがて前方に軍艦島みたいな島が見えてきた。

かの有名なアルカトラズ島である。



d0361902_422458.jpg
d0361902_4211869.jpg
d0361902_4241069.jpg

アルカトラズ島(Alcatraz Island)

サンフランシスコ湾から2.4kmのところに浮かぶ、面積0.076km²の小島である。
昔は灯台、軍事要塞、軍事監獄、そして1963年まで連邦刑務所として使用され、ザ・ロック、監獄島とも呼ばれている。
1972年、国立レクリエーション地域となり、1976年及び1986年にランドマークの指定を受けた。



d0361902_426390.jpg

魚や海鳥の卵などの食糧が豊富な割に、この島がずっと無人島であった理由には周辺に住むインディアンに”呪われた島”として伝えられえてきたためだったとか。
19世紀半ばのゴールドラッシュの頃にサンフランシスコが重要な寄港地になり、アルカトラズ島にも灯台が建設された。
以降、戦争時には要塞としての役割りを果たした。



d0361902_4354143.jpg

ただ、この島が今日に至ってあまりに有名なのは、刑務所としての歴史であろう。

南北戦争の前後から軍事刑務所としてスタートして、やがては連邦刑務所となり、凶悪犯を収容する施設という役割を担った。
ありとあらゆる脱走対策を施し、脱出不可能な監獄島としてその名を残している。
それに挑戦するかのようなフランク・モリスとアングリン兄弟が監房から消えるという有名な脱獄事件を元に、後にクリント・イーストウッド主演の映画『アルカトラズからの脱出』が制作された。
実際に島外にたどり着いたかの顛末は不明である。



d0361902_4322095.jpg
d0361902_4323968.jpg

またアルカトラズ島に服役した受刑者の中には、有名人も多く、暗黒街の顔役、アル・カポネやジョージ・“マシンガン”・ケリーなどもここに収容されていた。


d0361902_4432650.jpg

潮風による施設の老朽化が激しく、サンフランシスコ周辺は地震の地域であるため耐震性にも問題があり、そのための補強による莫大な維持費を捻出できないことから1963年3月21日にアルカトラズ刑務所は閉鎖された。


d0361902_4474173.jpg

島への上陸はピア33からフェリーに乗って行けば可能なのだが、フェリーチケットは数週間先まで満席。
案の定、予約しようと思ってたら完売してた。
まぁ、旅行会社等にいろいろと手を打てば行けないこともなかったのかもしれないんだけど、時間も限られていたので、今回はレッド・アンド・ホワイト・フリート(Red & White Fleet)のフェリーツアーで外観だけの見学にした。



d0361902_450198.jpg

悪魔の島と言う人がいるくらい不気味なイメージが強いアルカトラズ島だけど、カモメなど海鳥の貴重な生息地である。

この地に住む海鳥達にとっては今も昔も楽園なのであろう。






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)
SIGNA 135-400mm F4.5-5.6 APO DG








d0361902_13193653.jpg

船上から見たサンフランシスコ湾


d0361902_1319523.jpg
d0361902_1320560.jpg
d0361902_13203040.jpg








Walking with my baby down by the San Francisco Bay...

"San Francisco Bay Blues"
Phoebe Snow






使用カメラ : SONY α7Ⅱ(ILCE-7M2)
使用レンズ : SONY FE 24-70mm F2.8 (GM SEL2470GM)